頭皮の臭いとベタつきにおさらばいばい☆

最近東京のほうでは雨が続いてるようですね・・・
 
湿度も多いし、汗もかくし、
 
この時期ってスタイル上手く決まらないですよね。
 

クセ毛だと湿度センサーのように広がるし、

 
ストレートだとぺったんこになる。
 
 それと1つ、
 
 
気をつけなければならないこと。
 

頭皮の臭いにべたつき

 
 
 

濡れた状態は髪にとって非常に不安定な状態です。

 
 
ダメージはもちろん、
 
 
湿度の高い時期は臭いの元となるので
 
きちんと乾かしてから寝る事が必須です。
 
 

特に乾かすときも、

 
真夏にやりがちな扇風機で乾かすのではなく、
 
ドライヤーで乾かしてあげてください。
 
 

シャンプー剤をつける前にしっかりぬらして、

 
 
しっかりシャンプー剤を泡立て、
 
 
泡で汚れを落とす感覚で、
 
ゆっくり頭皮をマッサージする。
 

頭皮をリラックスさせて、血流をよくし、

 
毛穴を開かせてあげることが重要です。
 
 
ごしごし洗うと、毛穴が緊張して、
 
汚れをぎゅぅーーっと放さず滞らせるから、
 
ベタつきや臭いの原因になるからです。
 
 
そしてしっかりすすぐこと、しっかり乾かすことに尽きます。

【朝シャンより夜シャンがいい】

その理由のひとつは髪が育つのが、

22時から2時までの間といわれていて、

その間にしっかり整髪料や

一日の汚れを落として、毛穴をキレイにして、

おかなければいけないからです。

そのままにしておくと、

髪の成長の妨げのもとです。

22時から2時は

お肌のゴールデンタイムだから

その間に就寝を。

なんて言いますが、それは頭皮や髪も同じ。

身体の細胞の傷ついたところを治したり、

新しい細胞を芽生えさせたりする

成長ホルモンが活発になる時間なのです

【シャンプー後の6時間は紫外線はNG】

朝シャンは、これからの日差しが照りつく時期に気になる紫外線に対しても、良くありません。

頭皮は紫外線の保護皮膜のようなものを分泌しますが、

れが出るのはシャンプーしてから6時間以上経ってからと言われています。

したがって朝シャンプーしてから出かけると、紫外線の影響をモロに受けてしまうことになるのです。

夜シャンして、大切な頭皮や髪を、

嫌な臭いやダメージか

しっかり守ってあげてくださいね。

それから、どうしてもそんな時は、 

イプセでもサロンケアできます。

炭酸泉&漢方ディープクレンジングで、

家でもとれないベタつきや臭いを

リセットしてくれます(^_-)☆

35分 ¥3,780

是非イプセのゴッドスパニスト達に、

スッキリさせてもらってください‼️

(↑イプセマーク❤️いそいそが流行らせたいらしい(笑))