冷房病には静脈マッサージがオススメ☆☆★

毎日暑ーい日々になりました!

そんなときに女性の多くが、抱える悩みは冷房病。

 

暑いから冷房するのだけれども、朝起きると、毎日気だるく、頭痛等が起こって、体調があまりよくない…………。

クーラー病

 

【主な冷房病の症状】

 

原因は、自立神経の異常によるものです。

 

自立神経とは、交感神経と副交感神経のことであり、昼間の活発に動いている状態や仕事の緊張状態では、交感神経が働いており、体温が下がっています。

 

逆に寝ているときや、人身ともにリラックスしているときには、副交感神経が働いており、体温は上がっています。

 

冷房病は、交感神経が働いている、体温が下がっているときに、冷房により、より身体を冷やすことになっている今、トイレや休憩時に、ホッとリラックスして副交感神経を動かし体温を上げたり、外の気温にさらされて、急に暖かいところに行って、身体を暖めたりすして、体温を5度以上、上げ下げさせる、そんな繰り返しをしていると起こります‼

 

冷房病

 

 

上記のようなことで、さらに一番上のような症状が身体に見られると、冷房病です。

 

対策としては、出来る限りの冷房を上げ下げして、自分の体温を急に冷やしたり暖めたりするしないよう工夫すること、また、オフィスでたまに、足首を回したりふくろはぎをマッサージすることです。

 

そしてお風呂に入っても上記のようにマッサージする。身体を冷やす飲み物を、寝る前に飲まない、ということです。

 

冷房病

 

 

結局は、血液循環を良くすること、浮腫をとること、老廃物をためないことが、冷房病の緩和になります。

 

イプセのスパ、静脈マッサージはまさに身体を頭の先から循環をよくして、老廃物や疲れの根元になる老廃物を解消します。

 

最近、体がだるい、冷房病だ、…………というかたは、少し時間をとって、是非ともイプセのスパ、静脈マッサージを一つの改善策として、体感してみてください‼

 

イプセの静脈マッサージ

静脈ヘッドスパ