女性ホルモンと髪の太さ硬さの関係

女性ホルモンと髪の太さ、また髪の弾力とは密接な関係があります。

 

40歳ごろから女性は急激に女性ホルモンが低下してくるため、「髪が痩せてくる」とか「ボリュームが出ない」とか「髪がパサツク」という悩みや変化が起こります。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近大人女性の間で、ドリンクや錠剤、美容液、注射などでプラセンタ(胎盤から抽出される女性ホルモン様)が流行るのも、そういう悩みを多くの方が抱いている証拠です。

 

女性にも男性ホルモンがあり(男性には女性ホルモンがない)、

女性ホルモンが急激に低下すると、男性ホルモンが体内で幅を利かせ、女性も男性のような薄毛になります。

(男性のように無毛状態には通常なりません)

 

そこでそんなお悩みを持つ女性にも効果覿面なのは、

「医師監修静脈新生マッサージ」です。

 

【新生マッサージを1年続けているお客様 40代前半女性】

 

施術前

 

【施術前】

 

*薄毛ではないですが、

毎月の明るいカラーやハードなお仕事で

頭皮や髪が乾燥によるダメージ。

頭皮の弾力がなくなり、髪もぺたんとする・・・・

 

 

 

DRSCALP ドクタースカルプ

 

 

【2ヵ月後*16回施術】

 

*艶が増し、ハリコシもアップ↑

毎月明るめカラーしてるとも思えない。

 

 

 

 

 

 

そして1年経ちましたが、

ロングヘアなのに髪がまだまだぐんぐん伸びるし、

エイジングケア、お顔のリフトアップのため、

お仕事帰りに今も尚、通っていただいています

 

 

IPSEでは、5年先も健康でキレイを判断基準とし、

技術、メニュー、商品を選択しています。

 

引き続き、いろんな情報を発信していきたいと思いますので、お楽しみにしてくださいね♪