最近流行りの筋膜リリースって何なの?

最近イプセでも人気な筋膜スパ。

そして、テレビでも今話題の筋膜リリース。

(金曜日のスマたちへ、ためしてガッテン等。)

家で出来る筋膜リリース本も今や売れていて……

そもそも筋膜って何?筋膜リリースって?

……てことにもなるんですけど、

そこで少し筋膜、筋膜リリースについてお話します(^^)

 

 

 

 

 

筋膜とは、

体のすべてを覆っているネット状の繊維です。

骨や筋肉、内臓、神経、血管などを覆い、

体の表層から深層まで体の隅々まで立体的に支えています。

第二の骨格とも言われている程、

体を支える為に必要なもので重要な働きをしています。

「筋膜は構造の器官であり、三次元空間では身体を正しく保つための器官である」
~ロルフ博士~

 

しかし、

悪い姿勢や偏った動作を長く続けていると、

身体の一部に不必要な負担が加わり、

「筋膜」が自由に動かなくなってしまう。

その結果、「筋膜」にねじれが生じ、

身体にこりや痛み、むくみなどの不調が生じてしまう。

これをもとに戻し、「筋膜」の伸張性を取り戻させる方法が、「筋膜リリース」です。

イプセでも

この筋膜リリースをする治療院でも使ってたり、

プロゴルファーの松山選手や、

今プロ野球選手の筋肉の稼働域をあげたり、

痛み改善、メンテナンスでも使われている、

メディセルをスパに活用していますが、

じゃ家でもこのケアをしたいって方にオススメのホームケアをいくつかご紹介します。

寝る前の筋膜リリース。

これすごく気持ちいいです。

簡単なのでちょっとしてみてください……

ストレッチと筋膜リリースの違い

 

筋膜リリースとストレッチは違います。

 

にてるけど、何が違うのか?

 

ご紹介します(^^)

 

1.対象の違い

   ストレッチの対象は、個別の筋肉。

   筋膜リリースの対象は、歪みを発生させている筋膜。

2.目的の違い

   ストレッチは、

      スポーツでのケガの予防から発達したので、

      筋肉の柔軟性の向上(筋肉のリラクゼーション)

      および関節の可動域を広げること。

   筋膜リリースは、

      理学療法やオステオパシーの分野で行われてきたので、

      筋膜のねじれや癒着による線維の短縮を解放して、

      病的な姿勢や可動障害を改善することにあります。

3.時間の違い

   ストレッチは、

      何かしらの動きを通常5~30回ぐらい。

      長くても静止は60秒を限界としています。

   筋膜リリースは、

      コラーゲン線維の伸張する時間により

      最低90秒は必要とされており、

      効果をだすには、2~5分程度

      リリースするのに必要。

  ストレッチは、

    「折り曲げる」ような感じで。

  筋膜リリースは、

    「引っ張り(又は、圧迫して)伸ばす」ような感じです。

◆ ストレッチとリリースの言葉の意味の違い

   ストレッチ(stretch)とは、

             伸ばすこと、伸展という意味


   リリース(release)とは、

             自由にする、解放するという意味

寝る前にすると、

自律神経の安定にもなるので、良質な睡眠も導きます。

また、顔や首回りのリリースも、

お風呂に入ってるときにやると、

デスクワークによる目の疲れや、

お顔のリフトアップにも効果が。

以上の資料はこの本から抜粋。

この2つだけでもお風呂で、寝る前にすると、

体が軽いし、肌の調子もいいです。

それからテレビでもやってた肩甲骨はがし

肩甲骨はがしは肩凝りにもいいし、四十肩予防にも。

 

姿勢屋さんのYouTube。

これ分かりやすくて簡単。

肩甲骨には褐色細胞という脂肪細胞もあるので、

ダイエットにも効果テキメン(^_-)☆

是非お家でも試してみてください‼️

 

また、定期的なイプセでのサロンケアもオススメです。

筋膜ヘッドスパ50分 ¥5,400

筋膜フェイシャルヘッドスパ60分 ¥7,350

(お悩み別オプション付初回価格)

 

筋膜ボディケア45分 ¥4,320 / 60分 ¥5,400(初回)

夏の疲れや冷房病によるむくみやだるさ、冷えなどによく効きます。

是非お問い合わせください(^_-)☆