DNA遺伝子における体質リスクとは?~美容リスク編(コラーゲン)

 

近年、急速に進むDNA(遺伝子)の研究のより、肥満や美容にも遺伝子が深く関係していることが分かっています。

 

ダイエットで思うような効果が上がらなかったり、高価な美容液やエステコースがあまり効果を実感できなくても、「自分には合わなかったから」の一言で片づけてしまっていませんか?

 

その理由はあなたのDNA(遺伝子)にあるのかもしれません

 

DNAはあなたの体の組織の設計図です。

DNA検査 美容

 

生まれつき髪が黒い人に、金色の髪が生えないのは、この設計図に「髪が黒い」と書かれているから。

 

また、前回ブログにも書いたのは代謝リスクの話。

前回のブログより→内臓脂肪の付きやすい糖質リスク

代謝が人より100カロリー低い下半身太りしやすい脂質リスク

筋肉が付きにくづらいエネルギー消費リスク

 

今回は、「コラーゲンが分解しやすい」、「活性酸素や過酸化脂質に弱く、シミ・クスミができやすい」など、美容と密接に関連する遺伝子(DNA)のお話です。

 

img190

 

 

美容に関する遺伝子には

コラーゲン分解型リスク(タルミ・ハリリスク)

活性酸素分解リスク(しわリスク)

過酸化脂質分解リスク(シミ・クスミリスク)があります。

 

例えばコラーゲン分解型リスク(タルミ・ハリリスク)

お手入れを怠ったり、老化が進むと、人より早くほうれい線が深まり頬がたるんできます。

疲れるとほうれい線が深くなる、髪がお手入れしているのに、ぱさぱさしやすい、そんな貴方はコラーゲンリスクかもしれません。

 

01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラーゲン分解リスク型の方は紫外線にあたるとコラーゲンの分解が通常の30倍進むリスクを持っています。

頭皮や髪、お肌の紫外線対策は必須です。

 

コラーゲンリスクの方に必須な食べ物は、良質なたんぱく質、コラーゲン、ビタミンC。

 

コラーゲン分解リスクを持つスタッフ森本のお勧め食べ物

 

それから髪・頭皮に関して言えば、良質のたんぱく質をしっかり使った、頭皮や髪のケアを。

 

最近話題のタンパク質美容

 

是非お試し下さい!!!

また次回は活性酸素・過酸化脂質のお話します。

 

そして自分って何リスク?って気になる方は調べれますのでご相談下さいね!!!

 

美容予防DNA分析キット

 

009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の取扱説明書

 

010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分専用サプリ

 

9__

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけついて¥28000(外税)

自分のダイエット・健康・美容の分析レポートは一生ものです☆