2018今シーズンの卒業式ヘア着付の流行は???

3月に入って、卒業式シーズン、イプセでも通常営業前に、お祝いお支度が続きます。

ヘアについては今回担当したそれぞれのスタイリストのブログで、紹介されていますが、

私からは、今シーズンの流行りについてお伝えしたいなと思います(^^)

 

3月一週めは、高校卒業式、美容学生卒業式がありました……。

Hair/森下

袴着付/森本

Hair/森本

……今や高校生、大学生あたりの女の子の間では、韓国ファションスタイル好き多し❤

可愛いポップな色のメイクにカラフルな花アクセ、

わりと崩しすぎない編み込みツイストスタイルも。

全体的には「発色高めの色使い」がメイクも小物も、お着物もポイントなのかもしれませんね(^_-)☆

 

……二週めは、医療系専門学校、女子大の卒業式

Hair/磯谷、森下

Make/磯谷

袴着付/森本

Hair/斎藤、森下

袴着付/森本

……ここでは分かりやすく言うと、今季日本ファションスタイルとでも言いましょうか。

まだまだ多い、波ウェーブで作ったルーズカールスタイルに、結構ふんわり引き出すハーフアップや、シニヨンスタイルに、

メイクも血色のいい、ちょっぴり色気のあるふんわりメイクが。

ヘアアクセも花ならマム、そしてパールのダブル使いが主流です。

マムとは鞠のようなまん丸い菊。

ブライダルでも多いです。

そしてカスミソウ

アーティフィシャル(造花)も生花も。

Hair/森本、森下

ショートボブスタイルをラフに波ウェーブでカールつけハーフアップスタイルも可愛かったです❤

 

……そして、三週めは小学校卒業式、美容学校。

Hair/森下、斎藤

Make/磯谷

袴着付/摺河、森本

 

小学校卒業式では、卒業生担任団の先生達が袴着付けに来て下さいました。

ヘアはやっぱり!綺麗めシニヨンスタイルです。

表面もツルッと面を綺麗めにしてふんわりトップに膨らみを持たせて。

そして、美容学生の子達はやはり華やか!

ヘアアクセに合わせて、?リボン?使いもミックスしていました。

 

……ここで、韓国ファション、日本ファション、なんて言いましたが、違いって何?

ってことになると思いますが、

大きく違うのはメイクかもしれません。

韓国メイクと日本メイクの大きな違いは?

俗に言われている韓国と日本のメイクの大きな違いは

  1. 肌質
  2. アイラインの引き方
  3. 眉毛の形
  4. チーク
  5. リップ

この5つです。(って、ほとんどですね……笑)

日本メイクのベース作りは、基本的に昔からお人形さんのようなふんわりマット肌(陶器肌)が超人気です。

ツヤ感が無く、さらっとした肌質で落ち着いた大人っぽいイメージ。

保湿をしっかりした肌に、化粧下地を塗ってから、

マットな質感のファンデーションを塗り、

更に上からフェイスパウダーをさっとつけて仕上げます。

最近では韓国人の肌に感化されてか?

ツヤ肌ブームになりつつありますが、

やっぱりまだまだ日本人のスキンケアでツヤ肌は、

肌質的に難易度が高いと思います。

やっぱりツヤ肌って、綾瀬はるかさんのような綺麗な素肌の持ち主には映えるけど、

素肌が残念だと余計汚らしく見えちゃうんですよね。

だから難易度が高いのです・・・・

 

そして、美肌大国の韓国では、いかに肌を美しく保つかがポイント

ニキビ1個でも皮膚科に駆け込むくらい、

韓国では肌ケアが徹底しています・・・。

なのでもちろん韓国人の多くは、ナチュラルに美しく反射して見えるツヤ肌メイクが基本です。

水分をたっぷり含んで、いつもテカテカ艶々していて、まるで10代のようなお肌をしてます。かつ脂っぽくないという・・・。

日本人が韓国メイクをやる時に最初に挫折するのが、まずこのツヤ肌だったりします。

どんなメイクベースを使うか?そんなとこがポイントで、

こういうのは、韓国ファションメイク大好き❤スタッフ磯谷イソイソに聞くと、

きっと熱心にお答えアドバイスしてくれると思います(^^)

韓国メイクと日本メイクのアイメイクの違いは?

 

日本メイクは基本、アイラインはペンシルや濃いシャドウでまつげの生え際に色を足す程度で、

アイブロウもパウダーで書くのが主流で、

あくまでも「ナチュラル」にぼかしながら描いていきます。

リキッドアイライナーを使う場合でも、

ガッツリ太く引き過ぎないように、

ペンシルで描いた上からさっと細く目尻を跳ね上げる程度。

最近ではブラックよりもブラウンのアイライナーを使うなどして、

とにかくナチュラルが基本。

 

一方、韓国メイクではどちらかというと、

アイラインは引いていますよ!と分かるようにガッツリめ。

ただ、ガッツリ引くけどケバくならない微妙なラインで描いています。

そして目尻はね上げよりも、目尻からやや下にすっと伸ばして垂れ目か、平行目になるように描くのが特徴です。

最近では韓国でもナチュラルメイクが流行りだしている様で、

一昔前のオルチャンメイクとはちょっと違いますが、

それでもまだまだアイラインはガッツリ引く人が多いです。

そしてアイシャドウは、塗っているのかいないのか分からないような程度のナチュラルカラーです。あまりシャドウは主張しません。

そして、眉毛は平行。

これで、あ!このこ、韓国ファション好きなんだなぁーなんてのがわかるかもしれません。

 

韓国メイクと日本メイクのチークの違いは

チークは、ふんわり優しく❗がやはり日本メイクは主流。

童顔に見えるようなまん丸で少し主張する形や、頬骨の影を隠すように骨回りをふわっと女性らしくつけるのがポイントです。

対して韓国メイクチークは、シンプル。

艶肌を隠すようなメイクはしないのがポイントではないでしょうか?

一時よりは主張してきたとはいえ、日本メイクほど主張はしません。

韓国メイクと日本メイクのリップの違いは?

日本人のリップは、あまり主張しないカラーが多く目立ちます。

コーラルピンクやベージュ系。

そしてグラデーションはせずに、

どちらかというと唇全体をぷっくりツヤツヤに見せるように努力します。

石原さとみさんのようなグラマラスな唇と言えば分かりやすいですかね♪

一方、韓国メイクのリップは、グラデーションが多く、

唇の内側から外側に向かって徐々に薄くなってくようなグラデーションですね。

そして使っているものはうるツヤな質感なものよりは、

ティントで唇に直接色を染色して発色するものが多く、

グロスはあまり塗らない様子。

使っているカラーは赤系のわりとしっかりした色味を使って、

歯と肌の白さを際立たせます。

そう!その白さがないと、実はビビッとな赤リップは映えないんですね……。

そういえば、日本メイク……スタッフで言うとカナちゃん、韓国メイクはイソイソ、と言えば分かりやすいですかね。

……そうやって、考えて、メイクすると雰囲気出せますね♪

このYouTube、分かりやすいです(^_-)☆

ただし、骨格や顔パーツ、パーソナルカラーを知った上でまたメイク選びすると、より魅力的になります。

そういうのは、イプセスタッフのお得意分野なので、興味あるかたは、じゃんじゃん聞いてみてくださいね♪

 

 

 

******************************************************

多数のTV取材受けた 「AIによる美joyon診断」

骨格診断、パーソナルカラー診断、顔パーツ印象分析でなりたい自分に魅力アップ♡

 

骨格診断に関する過去BLOG・・・・・・貴方の魅力を引き出す骨格診断、
                   骨格診断別似合うコーデイネート2017冬ファッション編
パーソナルカラー診断に関する過去BLOG・・・・パーソナルカラー別2017冬ブラウンアイメイク
顔パーツ印象分析に関する過去BLOG・・・・顔印象分析

 

******************************************************