酒粕食活動!私のカラダは半年前の食べ物で作られている。

以前こんな本を読んだことがあります。

人間は60兆個の細胞でできていて、

その細胞を作っているのが正に食べ物で、

人は脳、神経、手、足、そして筋肉と、

自分が食べた物以外で、

自分の体を作る材料になるものはありません。

 

細胞や網膜は1日〜2日で入れ替わりますが、

骨の細胞のように何年も入れ替わらない

細胞もあり、

平均すると約半年ほどで人間の細胞の

すべてが入れ替わることになるため、

あなたの現在の健康状態は半年前に

食べた物によって作られていることになります。

 

 

…とな。

という事は、今の私のカラダは6月頃に食べたもの、食生活の習慣の積み重ねで出来ている。

だからこそ、カラダを変えよう、美容頑張るぞぉー✨

ってっても、運動も、習慣も、、、、

全て石の上に半年、ということなんですよね。

 

ってことで、突然ですが、昨日、酒粕を買いました(笑)

しかも銘酒の酒粕。500㌘。

酒粕食活しようと思って、

これで半年位は料理や寝る前の甘酒なんかに使えるでしょうか。

足りないか?!

なせ酒粕ってのは、そう、この前、テレビを見て影響されました(笑)

林修の今でしょ!講座』で、

飲む点滴とも言われる甘酒の、米麹と酒粕についての違いをやっていました。

簡単にまとめると、

これからの季節、風邪やインフルエンザを予防したり、

高血圧に悩んでいる人にオススメなのは

米麹の甘酒です。

米麴には善玉菌のえさとなる

・ブドウ糖


・オリゴ糖


・アミノ酸(必須アミノ酸)


・ビタミンB群

 

といった栄養素が含まれており、

免疫力をアップさせる効果が期待できるそうです。

また、朝食に飲むと血圧上昇を抑えるのに役立ちます。

麹菌に含まれるペプチドという成分が、

血圧上昇に関わるホルモンの抑制に役立ち、

その血圧を上げるホルモンが活発な朝に飲むと

より効果的とのことです。

 

また、ヨーグルトと米麹甘酒を1:1で合わせて食べると

血管を老けさせないWパワーが期待できるそうです。

私も知り合いの福岡天神の酒屋さんが作ってる米麹の甘酒を

以前良く飲んでいました。

米の甘味だけでとっても美味しく、朝御飯のお供でした(^_-)☆

 

しかし!酒粕の方には更なるパワーが!!!

酒粕に含まれるレジスタントプロテインというのが、

なんと!カラダの脂を包み込んで、

体の外に排出する働きがあるため、

食事と一緒に飲むことで肥満を防ぐのに役立つそうです!

目から鱗!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

 

また酒粕にはコラーゲンを壊れないように維持させ、

また再生させる成分が豊富に含まれているので、

美肌を作り、継続させるのにも最適だそうです!

目から鱗!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚

酒粕甘酒を毎日飲んでるという、80歳前後のかたが、

肌年齢を見る機械で図ると皆さんマイナス20歳前後!という結果。

飲み方としては夜寝る前に、

温めた酒粕甘酒に皮ごとすりおろした生姜入れて

飲んでいると紹介されていました。

生姜のショウガオールという成分には

強い抗酸化作用があるので、

肌が老ける原因となる酸化から肌を守ってくれるのだそうです。

ただし、どちらの甘酒も糖質は多く含まれているので

1日の摂取量は200~300ccを目安にしたほうがよいとのことでした。

じゃぁーん!

ってことで、買った酒粕を使って、

早速酒粕いり具沢山味噌汁を作ってみました(^_-)☆

毎晩寝る前に飲んで、カラダあったまって寝ます!

とりあえず、半年、毎日。酒粕。酒粕。

半年後の私のカラダは30代位になってることでしょう(笑)!!!(^_-)☆